日の丸カレッジ

これから日本文化を学ぶ人へのロードマップ


コロナ禍の今だから知りたい緑茶の効能

この記事の内容 ・緑茶の抗菌・抗ウィルス作用について
奈良県立医科大学の発表について
・緑茶の健康科学を学ぶための参考文献

 

連日、武漢ウイルス(新型コロナウイルスについての報道が過熱し続けています。

そこで、「コロナ無害化の効果」が期待されている緑茶の効能について調べました。

 

 

新型コロナウイルスに効果があるかは微妙な段階

f:id:hinomaru-college:20210116223002j:plain

 

昨年、このような報道がありました。

市販のお茶に新型コロナウイルスを不活化(無害化)する効果があると、奈良県立医大橿原市)が27日、発表した。30分でほぼウイルスが不活化したお茶もあった。飲料メーカーに結果を伝え、より不活化させる力が高い銘柄を見つけ、商品名を公表する。

◎市販のお茶に「コロナ無害化の効果」…カテキンが関係する可能性、教授が指摘(2020年11月28日付、読売新聞オンライン)
https://www.yomiuri.co.jp/medical/20201128-OYT1T50125/(2021年1月16日アクセス)

 

その奈良県立医科大学のプレスリリースがこちらです↓

https://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/r2nendo/documents/ochahp.pdf

 

同プレスリリースによれば、

・高い不活化能を示すお茶とそうでないお茶がありました。今回の研究成果をもとに、不活化効果が高いお茶が新型コロナ対策に寄与できる可能性が示されました。

・なお、今回の研究では、お茶を飲むことによっての感染予防効果の検証は行っておりません。

 

とのことで、「どの銘柄に効果があったのか」は不明、「飲むことによる効果はあるのか」は、検証がされていないようです。

 

とはいえ、急須でお茶を淹れる機会が減りつづけ、緑茶の消費はペットボトルなどの携行飲料に頼るところが大きい昨今、「ペットボトルのお茶にも無害化の効果がある」という発表は、一つの光明ではないでしょうか。

 

緑茶にはどんな効果があるの?

茶畑


新型コロナウィルスに効果があるかどうかは別として、茶にはさまざまな効能があることが確認されています。

 

茶の抗菌・抗ウィルス作用について

まず抗菌作用についてです。

 

緑茶カテキンには、コレラ菌に対し強い殺菌効果があること、そしてコレラ菌が産生する溶結毒を中和する作用があることが明らかにされています。

 

そして、緑茶カテキンをカプセル剤として内服させた場合、胃の中のピロリ菌に対し、除菌効果があったという報告がされています。

 

また、食中毒として有名なO-157に対する殺菌作用と、O-157が発生させるベロ毒素に対する抗毒素作用があることが証明されています。

 

さらに、耐性菌の出現が問題となっている黄色ブドウ球菌に対しても殺菌効果があり、オキサシリン(抗生物質)との併用で殺菌効果が上昇することが認められています。

 

このように、様々な菌に効果を発揮する緑茶カテキンですが、うれしいことに善玉菌に対する殺菌効果は弱く、悪玉菌に対する殺菌効果は強いといった、英雄的側面もあります。

 

次に抗ウイルス作用についてです。

 

緑茶のカテキン類は、エイズウイルスインフルエンザウイルスの増殖を抑えることにも一役買っています。

 

お茶によるうがいは、インフルエンザウイルスの感染に予防効果を示し、のどの痛み、発熱、鼻水、咳の症状が短期間に抑えられるとも云われています。

 

緑茶の効能は幅広い!

抗菌・抗ウイルス作用の他にも、

・抗酸化作用
・抗ガン作用、発ガン抑制作用
・抗アレルギー作用
・抗動脈硬化
・血圧の上昇抑制
脳卒中の抑制
中性脂肪の上昇抑制
・糖尿病の予防
・肥満の予防
・虫歯予防
アンチエイジング

など、幅広く活躍します。基礎疾患がある人にも、強い味方になってくれそうですね。

 

お茶についてもっと知りたい人は

f:id:hinomaru-college:20210116223340j:plain

 

玉露、煎茶、ほうじ茶など、よく耳にする日本茶については、こちらの記事で解説しています↓

 

hinomaru-college.hatenablog.com

 

茶の健康科学についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの参考文献をご参考に↓

 

参考文献

村松敬一郎『茶の科学(シリーズ〈食品の科学〉)』朝倉書店、1991年
山西貞『お茶の科学(ポピュラーサイエンス)』裳華房、1992年
伊奈和夫ほか/編『茶の化学成分と機能』弘学出版、2002年
村松敬一郎ほか/編『茶の機能―生体機能の新たな可能性』学会出版センター、2002年
衛藤英男、冨田勲ほか/編『新版 茶の機能:ヒト試験から分かった新たな役割』農山漁村文化協会、2013年

 

日本茶について総合的に学びたい方は、こちらをご参考に↓

 

日本茶について体系的に学びたい方には

NPO法人日本茶インストラクター協会」

https://www.nihoncha-inst.com/index.html

 

最近、急須で淹れたお茶のおいしさを改めて感じるようになりました。ペットボトルに慣れてしまった方は、ぜひ、急須でお茶を淹れてみてください。